カッコいい部屋の作り方。

 

設計をやっていて、よく友達から聞かれること№1が、

「どうやったら、カッコいい・おしゃれな部屋になるか?」です。

 

「カッコいい」や「おしゃれ」の価値観は人それぞれなので、

なかなか難しい質問なのですが、一つだけ多くの人に使える方法があるんです。

 

それは、その部屋の「生活感をなくす。」です。

 

モデルルームやモデルハウスなどに行くと、

カッコいい・おしゃれな部屋が多いと思います。

でも、その部屋で、空想の生活ではなく、リアルな生活を想像してみて下さい。

 

モデルルームには、新聞や雑誌、リモコンなどはありませんよね。

あるとしたら、分厚い洋書、英字新聞、おしゃれなカゴに果物。

最近では少ないですが、テレビの置いてないモデルルームもあるんです。

 

モデルルームの子供部屋を見ても、スカスカの本棚に観葉植物なんかも置いちゃってます。子供の学校からのプリントなんて、どこにもありません!

「生活感がない」ですよね。

でも、これがカッコいい部屋という印象を受けるんです!!

 

じゃあ、どうやって実際の自分の部屋で実践をするかというと、

生活感のあるものをとにかく隠すんです。

クロゼットや引出しなんかに。

新聞や雑誌、リモコンは、コーヒーテーブルの下に。

(前にTVで、テーブルの下につっぱり棒をして、そこに雑誌を隠している方を観ました。)

コードの類は、綺麗にまとめて見えにくいように隅に。

できれば冷蔵庫なんかもリビングから見えないと、印象が格段に違います。

こんなことをチョコチョコやっていくと、

カッコいい・おしゃれな部屋になっていきます。

全ての部屋でこれを実践するのは難しいので、

玄関、リビング・ダイニング廻りだけにするなど部屋を絞ると、意外と簡単です。

 

これから住宅を新築するという方は、設計の段階から、

大きくなくていいので収納箇所を増やしておくと、

「生活感を隠すこと」が、ストレスなくできるようになりますよ。

 

私の家は、生活感のあるものをいろいろ置く場所を人目の付きにくい場所に作りました。

こうするともっと楽にできますよ。

 

 

スギオラボ株式会社 一級建築士事務所  sugioLAB Inc.


 

住所 

〒064-0959

北海道札幌市中央区宮ケ丘1丁目1-45

Site01宮ケ丘301号室

 

TEL:011-215-6833

FAX:011-215-6820

 

アクセス

札幌市営地下鉄東西線  西28丁目 徒歩 6分

札幌市営地下鉄東西線  円山公園 徒歩 7分