「確認申請」

昨日、住宅の「確認申請」を提出してきました。

今日は、設計士っぽいこと書きます!!めずらしく!?

 

「確認申請」って皆さん分かります?

なんとなくわかるような、わからないような感じではないですか?

 

基本的に「確認済証」がなければ、建物を建てることはできません。

規模が小さかったり、建てる場所によって不要な場合もありますが、ほとんどの場合、「確認済証」が必要です。

「確認済証」を取得するために、「確認申請」を行政(札幌市など)や指定確認検査機関というところに提出し、審査を受けます。

建築基準法関係規定(建築基準法や消防法など結構いろいろな法規があります)に適合していれば、「確認済証」が交付されます。

「確認申請」には、申請書と設計図などを添付します。

 

この「確認申請」という業務は、「建築士」しかできないのです。

はっきり言うと、設計の業務はだれがやってもいいんです。法を守っていれば。ただし、申請を出すのは資格が必要なのです。

「建築士」という国家資格で、唯一独占している業務と言ってもいいと思います。

大工さんしかいない工務店などに住宅を依頼した場合は、「確認申請」業務を工務店が建築士事務所に委託しています。

 

どうでしょうか?分かりやすいですか?

「指定確認検査機関とは、・・・」とか、もっともっと書けそうですが、今回はこれくらいにします。

 

ちなみに、「指定確認検査機関」とは、国や都道府県から指定された民間の会社で、「確認申請」の審査や完了検査などを行うことができます。

「指定確認検査機関」によって、申請手数料の金額に差があったり、審査できる規模が違ったりします。

「指定確認検査機関」は、札幌には5社くらいあります。

札幌の物件の「確認申請」を東京の「指定確認審査機関」へ出すこともできます。余計に出張費などかかりますが。

「確認申請」を出すとき、なぜその会社に出すのかを、設計士や担当営業マンに聞いてみるのも面白いと思います。

 

書いちゃいました。。。

 

では、他の仕事します。

他に気になったワード他にありましたか?

「完了検査」とか気になりましたか。

でも今日は、もう書きません。

では。

スギオラボ株式会社 一級建築士事務所  sugioLAB Inc.


 

住所 

〒064-0959

北海道札幌市中央区宮ケ丘1丁目1-45

Site01宮ケ丘301号室

 

TEL:011-215-6833

FAX:011-215-6820

 

アクセス

札幌市営地下鉄東西線  西28丁目 徒歩 6分

札幌市営地下鉄東西線  円山公園 徒歩 7分